野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • NYメディアが田中将大を“徹底解剖” 「リーグで最も恐れられる投手の一人」

NYメディアが田中将大を“徹底解剖” 「リーグで最も恐れられる投手の一人」

名門球団のエースとして立場を確立した右腕は11月1日に28歳となったが、ヤンキースの試合を中継するテレビ局「YESネットワーク」は、誕生日を記念して特集記事を掲載。田中を“徹底解剖”している。

20160813_tanaka

背番号19にまつわる19の事実を紹介、今季の防御率3.07は「華々しい」

 田中将大は今季、メジャー自己最高の成績を残した。31試合登板で14勝4敗、リーグ3位の防御率3.07をマーク。メジャー3年目にして初めて1年間、先発ローテーションを守り、シーズン199回2/3を投げた。名門球団のエースとして立場を確立した右腕は11月1日に28歳となったが、ヤンキースの試合を中継するテレビ局「YESネットワーク」は、誕生日を記念して特集記事を掲載。田中を“徹底解剖”している。

「マサヒロ・タナカ:ヤンキースエースにまつわる19の事実」と題した特集記事では「ニューヨーク・ヤンキースのエース、マサヒロ・タナカは自身MLB最高のシーズンを満喫した」と称賛。「そして、11月1日に誕生日を迎えた」とした上で「彼はア・リーグで最も恐れられる投手の一人である」と紹介している。

 さらに、今季31試合に先発し、大台のシーズン200イニングまで1/3イニングに迫ったこと、自己最多の165奪三振を記録したことに言及。防御率3.07については「華々しい」として、ブルージェイズのアーロン・サンチェス(3.00)とタイガースのジャスティン・バーランダー(3.04)に次ぐリーグ3位だったことも記している。まさにエースの名にふさわしい活躍だった

 特集では「2014年に先立ちヤンキースが彼と契約してから、日本生まれの右腕に関する意外な新事実が次々と明らかになっている」と指摘。「タナカ生誕28周年を祝い、背番号19にまつわる19の事実を見てみよう」と19項目を挙げている。

人気記事ランキング