野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム栗山監督、大谷入団の“秘話”明かす「来てくれとは1回も言ってない」

日ハム栗山監督、大谷入団の“秘話”明かす「来てくれとは1回も言ってない」

日本ハムの栗山英樹監督が15日、東京の外国特派員協会で記者会見を開いた。海外メディアにとって最大の関心は、もちろん大谷翔平。会見でも二刀流関連の質問が飛び交った。

20161115_kuriyama

大谷入団に勝算あった!? 「かなり高い確率で理解してくれるはず」

 日本ハムの栗山英樹監督が15日、東京の外国特派員協会で記者会見を開いた。海外メディアにとって最大の関心は、もちろん大谷翔平。会見でも二刀流関連の質問が飛び交った。

「(日本ハム)入団の条件として、二刀流容認があったのか?」

「ポスティングシステム(入札制度)での譲渡金は、2006年の松坂(レッドソックス)は5000万ドル(5111万1111ドル11セント=当時のレートで約60億1000万円)だったが、現在は2000万ドル(約21億6000万円)に制限されている。経済的側面で、現行制度をどう考えているか」

 早ければ来オフにも大リーグ挑戦が現実化しそうな状況だけに、突っ込んだ質問が飛び出した。

 栗山監督は大谷の二刀流に関し、入団前に球団からどう使うかを聞かれ、「あれだけの才能が両方ある。野球の神様以外に決められない。だから僕は両方やらせるべきだと答えました。高校時代、熱闘甲子園(の番組)を通じて接点があって、彼の野球に対する頭の良さというのをものすごく理解できていた。(大リーグという)夢に対して、何がいいか、かなり高い確率で理解してくれるはず」とドラフト当時の思いを語った。

人気記事ランキング