野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • FA移籍する選手は「裏切り者」なのか? 元捕手が“選手側の見解”綴る

FA移籍する選手は「裏切り者」なのか? 元捕手が“選手側の見解”綴る

フリーエージェント(FA)権を行使してチームを去る選手について、今季限りで現役を引退した西武の星孝典捕手が独自の見解を示している。

20161123_hoshi

チームを去る者、残る者―、今年は6選手がFA宣言

 フリーエージェント(FA)権を行使してチームを去る選手について、今季限りで現役を引退した西武の星孝典捕手が独自の見解を示している。

 東北学院大から2004年のドラフト6位で巨人に入団。その後、11年5月に西武に金銭トレードで移籍し、今オフに戦力外となった。すでに育成コーチの就任が発表されており、12年間の現役生活を終えた34歳は指導者として再出発する。

 そんな星は23日、自身のブログを更新。「書かずにはいられなかった」として、自身の「意見」を綴った。それはFA宣言して移籍する選手についての見解だった。

 日本プロ野球に所属する選手は一定期間を経ると国内FA権、海外FA権を取得することができ、国内、海外の球団と選手契約を結ぶことが可能となる。国内FA権を取得するには、原則として8シーズン、海外FA権では9シーズンの出場選手登録日数を必要で、選手によってはここで大型契約を手にしたり、意中の球団へ移籍することができる。

 今年も複数の選手が権利を取得。そのうち陽岱鋼外野手(日本ハム)、森福允彦投手(ソフトバンク)、糸井嘉男外野手(オリックス)、山口俊投手(DeNA)、岸孝之投手、栗山巧外野手(ともに西武)の6選手がFA宣言し、すでに糸井が阪神、岸が楽天に移籍することが決定。また、栗山はFA権を行使した上で西武への残留を選択している。

人気記事ランキング