野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 今季NPB新人王は誰の手に? セは阪神・高山が1歩リード、パは混戦か

今季NPB新人王は誰の手に? セは阪神・高山が1歩リード、パは混戦か

2016年度のプロ野球年間表彰式「NPB AWARDS 2016」が28日、都内のホテルで行われる。当日には両リーグの最優秀選手(MVP)、新人王が発表される予定となっている。

20160410_mogi

阪神・高山は球団新人最多136安打を記録、猛打賞13度の安打製造機

 2016年度のプロ野球年間表彰式「NPB AWARDS 2016」が28日、都内のホテルで行われる。当日には両リーグの最優秀選手(MVP)、新人王が発表される予定となっている。

 セ・リーグで新人王の最有力に挙がっているのは阪神・高山俊外野手だ。明大では東京六大学リーグの通算安打記録を更新し、昨年のドラフト会議でヤクルトとの競合の末に阪神入り。今季は「1番・左翼」で開幕スタメンに名を連ね、外野の定位置を奪取した。134試合出場し、打率.275、8本塁打、65打点をマーク。球団の新人最多安打記録となる136安打を放ち、新人猛打賞記録13度は1958年の巨人・長嶋茂雄にあと1度に迫る歴代2位で、その安打製造機ぶりを見せた。プロ1年目ながら、金本知憲監督の掲げる「超変革」の象徴となった。

 初のクライマックスシリーズ進出を果たしたDeNA・今永昇太投手(ドラフト1位)は、22試合登板で防御率2.93と安定した投球を見せたが、8勝(9敗)と勝ち星が伸びず。ドラフト4位だった戸柱恭孝捕手は、捕手としてチーム最多の110試合に先発出場も、盗塁阻止率2割はリーグ最低で、捕逸はリーグ最多の8と守りに課題を残した。阪神・高山を超える存在はいなそうだ。

人気記事ランキング