野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • ついに「ピッチャー・イチロー」が誕生か!? 地元紙の特集にヤンキース監督も前向きな姿勢を示す

ついに「ピッチャー・イチロー」が誕生か!? 地元紙の特集にヤンキース監督も前向きな姿勢を示す

イチローがマウンドに上がる可能性は低くない

 練習パートナーも務めるターナー通訳は「彼はいいスライダーを投げますよ」と証言している。イチローは2009年に第2回WBCに向けて神戸で自主トレを行っていた際、ウォーミングアップの一環としてマウンドに上がり、ボールを投げ込むこともあったという。

 カメラマンはその写真を撮り、直球が92マイル(約148キロ)を計測したことも報じられた。すると、人々はイチローがWBCで登板するための準備を始めたのではないかと思い始めたという。

「マリナーズはそれを聞いて、よく思わなかった。彼らは(日本代表チームに)電話して、僕を登板させないように言ったんです」

 本人はその時のことを残念そうに振り返っている。

 ただ、記事の最後には、イチローがメジャーでマウンドに上がる可能性は決して低くないとしている。その記述はこうだ。

「もしヤンキースが再びロングゲームを戦ったり、野手の登板が必要になったときには、スズキはマウンドに戻るという夢を実現するかもしれない」

 その瞬間は確実に近づいていると言えそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」