野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

日本ハム・斎藤佑樹はなぜ好投、炎上を繰り返すのか

黒木投手コーチ「今はしゃにむに行かなきゃダメ」

 夏の全国高校野球選手権(甲子園)の決勝で、引き分け再試合の末に優勝。マー君こと、現、大リーグ・ヤンキースの田中将大に投げ勝った。そして大学日本一。歩んできたのは常に王道。打者との駆け引き。追い込み方。勝負所の見極め。危機察知能力……。すべてに秀でていた。

 日本ハムでも入団2年目の2012年に開幕投手を務め、勝利投手となった。だが、そこはやはりプロ。“同じ手”は何度も通用しない。

 黒木コーチはさらに「今はしゃにむに(がむしゃらに)行かなきゃダメ」と声を張る。今季は右打者の内角をえぐるシュートも武器の1つに携えたはずだった。強気に内を攻めてこそ、持ち前の投球術は効果を発揮する。

 なおも人気は絶大。それは誰もが認めるところだ。

 予告先発が発表されると会場はドっと沸く。拍手と歓声がマウンドへと向かう背を押す。その声を悲鳴に変えてしまうわけには、もういかない。これまでのクレバーな投球スタイルをかなぐり捨てる。“脱・佑ちゃん”が再スタートへのカギなのかもしれない。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」