野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大がヤンキースの真のエースへ ジラルディ監督が来季のフル稼働を要求

田中将大がヤンキースの真のエースへ ジラルディ監督が来季のフル稼働を要求

中4日での登板も「今年以上に経験させる」

「彼は確かに怪我をした。1つの事象で怪我をしたのではなく、長年、積み重なったものだという話題も多く出た。だが、彼は復調したんだ。スピードも戻っている。スプリットの威力も戻っている。私が注視したいのはそこの部分だ」

 そして、田中に期待するものとして、以下のように話したという。

「彼が32試合に先発してくれると我々は計算している」

 同じ発言は、レギュラーシーズン終了直後の総括会見でも出ていた。これを改めて強調した形だ。

 32試合に先発するというのは、どういうことか。これは、メジャーで5人制ローテをフルに守らなければ、到達しない数字。つまり、中4日での登板が基本となる。ヤンキースは先発陣の負担軽減のために、日程が厳しい時期などに部分的に6人制ローテを導入するとも報じられているが、基本はあくまで5人制。右肘に不安を抱える田中も例外ではないということだ。

「シーズンが進むにつれて検討しなければいけないことだが、今年以上に先発5人のローテーションで彼をもう少しだけ経験させることになる。(5人制ローテで)彼はすごくいい仕事をしていた」

 ジラルディ監督はこう話し、フル稼働を求めている。

 故障再発のリスクは付いて回る状況だが、田中に期待されているのは、まさに大黒柱の役割。来季は名門球団の真のエースへと階段を上るシーズンになりそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング