野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

3年ぶり日本復帰で再生なるか オリックス中島は“定位置”でスタート

打撃練習では徹底した右打ち、「バンバン打ちたいなと思うけど、チーム打撃もありますし」

 久しぶりの日本キャンプだ。焦ることなくじっくりと調整を行っていく。

「向こう(アメリカ)のキャンプと同じようにはしない。去年とかはすぐ試合があって早く調整しないといけなかった。結果も欲しかった。早く体を作って、気持ちも焦ってたのかもしれない。結果、足のケガもしたし」

 米国流のキャンプスタイルに戸惑いを感じていながら、言い訳はできなかった。夢であったメジャーの舞台に上がるために必死にもがき続けたが、序盤で躓いたことが最後まで響いた。日本でのキャンプは西武時代から何年も経験済みだ。初日のフリー打撃では87スイング中、サク越えはわずか1本。8割近くの打球は中堅から右方向と、徹底した右打ちを見せた。

「バンバン打ちたいなと思うけど、第1クールは右打ちします。チーム打撃とかもありますし。徐々に動けるようにやっていきますよ」

 ボールをギリギリまで呼び込み、インパクトの瞬間を何度も確認する姿があった。焦ることもない。本来の自分の姿を取り戻すため、中島は少年のように目を輝かせながらグラウンドでプレーした。

 入団会見の際には、自信と希望に満ちた顔でこう言った。「勝つために打点を多く挙げたい。アカンかったら、叩いて下さい」。日本復帰を待ち望んだファンに、攻守で躍動する姿を見せてくれるはずだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」