野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

評価急上昇の2年目右腕 「岩隈2世」杉浦稔大がヤクルト躍進のキーマン?

野村バッテリーコーチ「初めてキャッチボールを見たときに、岩隈2世だと思った」

「今思えば、知らず知らずのうちに力が入っていたんだと思います。BP(打撃投手を務めること)だったり、試合に入るにつれて、結果を求めすぎて、焦りというか、オーバーペースになっていたんだと思います」

 手術する選択肢もあったが、保存治療の道を選んだ。そこから、肘に負担のかからない投げ方を模索した。見た目では分からないが、「自分の中では今までよりも体の近くを通すイメージ。感覚も全然違います」と最適解を見つけつつある。今でも日によって肘の状態は違うが、キャッチボールなどでその日のベストの投げ方を見つけ出すのだという。

 そんな繊細な感覚を持つ右腕を、野村克則バッテリーコーチはある人物にたとえる。米大リーグ・マリナーズで活躍する岩隈久志だ。

「初めてキャッチボールを見たときに、岩隈2世だと思った」とその衝撃を明かし、楽天でチームメート、そしてコーチとして接した現メジャーリーガーの姿と重ね合わせる。「腕が遅れて出てくるのもそうだし、何より球持ちがいい。バッターのひざ元でボールがクッと伸びる。初速と終速が変わらない。もちろん今は岩隈の方がはるかに上だけど、化ける可能性を感じる」と絶賛。ほかにも制球力に長け、落ちる球を武器にするなど似通っている点は多い。

 杉浦自身にも心当たりはあるようだ。

「大学の時に、岩隈さんと似ていると言われたことがあります。おそらくフォームはそこまで似てないと思うんですけど、リリースが遅れて出てくる感じが、一瞬ダブるのかもしれないですね」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」