野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNA、梶谷のサヨナラ打で延長12回の激闘制す

強風吹き荒れる横浜スタジアムで行われたDeNAと広島の一戦は、延長12回の激闘の末、DeNAが3-2で勝利。梶谷がセンター前に抜けるサヨナラ打で決着を着けた。

DeNAベイスターズ

広島、先発の前田が力投も白星逃す

 強風吹き荒れる横浜スタジアムで行われたDeNAと広島の一戦は、延長12回の激闘の末、DeNAが3-2で勝利。梶谷がセンター前に抜けるサヨナラ打で決着を着けた。広島・前田健は7回まで110球を投げ、8安打2失点6奪三振、1四球と好投。開幕戦から2試合連続でハイクオリティ・スタート(7回以上を自責点2以内)となったが、白星はつかなかった。

 試合の序盤は両投手が好調な立ち上がりを見せ、3回まで互いに得点圏への走者を許さずに進む。

 4回、広島は先頭の野間が内野安打で出塁すると、菊池の犠打で二塁へ。丸は三振に倒れるが、2死から4番グスマンが左中間を破る二塁打を放ち、広島が1点を先制した。

 しかし、DeNAはその裏、1死から筒香がライトへのヒットを放ち、続くロペスの二塁打で二、三塁とチャンスを広げる。ここでバルディリスがライトへの犠牲フライを放ち、試合を1-1の振り出しに戻す。

 5回、広島は2死から田中がセンター前ヒットを放ち、高崎の暴投などの間に三塁まで進んだ。しかし、続く前田は空振り三振に倒れ、得点に至らない。

 一方のDeNAはその裏、2死から関根がライトへのヒットを放つと、すぐさま二盗を決めて2死二塁。続く石川がレフトへタイムリーを放ち、2-1と勝ち越した。

 6回、広島は先頭の野間が二塁打を放つと、菊池の犠打で三塁へ。しかし同点のチャンスに丸の打球はサードライナーとなり、塁を飛び出していた野間もアウト。ダブルプレーで同点のチャンスを逃した。

 7回、DeNAは2死から高崎の代打・松本がセンター前ヒットで出塁すると、関根もライト前に運び2死一、二塁。ここで石川がフルカウントから放った打球は一、二塁間を抜け、松本は三塁を蹴った。しかし、ライトの野間が強烈なレーザービーム送球。會澤の見事なブロックもあり、松本は本塁で憤死。DeNAの追加点を阻止した。

 8回、広島は1死から田中が内野安打で出塁すると、代打・岩本の打席でDeNAの2番手・国吉が暴投。田中は二塁へと進んだ。岩本は三振に倒れて2死となるが、野間がセンターへタイムリースリーベース。野間の自身初となる“猛打賞”の大活躍で、試合は再度振り出しに戻った。

 9回は両チーム無得点に終わり、試合は延長戦に突入する。

 迎えた12回裏。広島の守護神ヒースの直球をDeNAの井手がセンターに弾き返して出塁すると、続く関根のバントで代走の桑原が二塁へ。石川のライト前ヒットで1死一、三塁とし、最後は梶谷がセンター前へ抜ける劇的なサヨナラ打。延長12回の激闘をDeNAが3-2で制した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング