野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 中日に悪夢の3連敗 マイナス要素目立つ巨人に見えた明るい材料とは

中日に悪夢の3連敗 マイナス要素目立つ巨人に見えた明るい材料とは

敗戦したために大きく目立つことはなかったが、明るい材料もあった。その一つが、途中出場の松本哲也外野手の打撃、走塁だ。

巨人

分厚い外野陣層を突き破れるか、かつての新人王・松本哲也の挑戦

 開幕6連戦を2勝4敗。敵地ナゴヤドームでの中日戦では悪夢の3連敗とスタートダッシュを切れなかった巨人。不安定な先発投手陣や第2戦の完封負け、ケガ人などマイナス要素が目立つ。だが、敗戦したために大きく目立つことはなかったが、明るい材料もあった。その一つが、途中出場の松本哲也外野手の打撃、走塁だ。

 3月31日の中日戦。2点を追う8回のことだった。松本哲は投手・笠原将生の代打で出場。中日のセットアッパーからライト前へヒットを放ち、出塁した。1本のヒットからその後、同点に追いつくことに成功した。2点の口火を切った形にはなったが、そのうち1点はほぼ、松本哲1人で奪ったようなものだった。

 ヒットで出た後に二塁へ盗塁。井端の安打で三塁へ進んだ。3番・長野が外よりの球を一塁方向へゴロを打った。ここで松本哲は打球が転がった瞬間、スタート良く、ホームへ突入。俊足とはいえタイミングは難しかったが、キャッチャー・武山のブロックを見事かいくぐり、タッチをさせなかった。素早く捕手の脇をすり抜けて、ホームイン。電光石火の1点をもぎ取った。一瞬の判断でまわりこもうと決めた松本哲の察知力がモノをいった好走塁だった。

 足の速さはチーム屈指。守備範囲の広さは12球団トップクラス。常にセンターに置いておきたい存在だが、レギュラーに定着できないのはバッティングが要因。「パワーがないのはずっと前からわかっています」と自分でも力不足を理解する。

人気記事ランキング