野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日本ハム大谷、7回2失点11Kの力投 今季2勝目の権利を持って降板

日本ハム大谷、7回2失点11Kの力投 今季2勝目の権利を持って降板

日本ハムの大谷翔平投手が4日、京セラドーム大阪でのオリックス戦で今季2試合目の先発に臨み、7回を投げ、6安打11奪三振2四球2失点と力投。勝利投手の権利を持って降板した。

日本ハム

開幕戦に続き不安定な立ち上がり、厚澤投手コーチ「準備の仕方に工夫が必要かも」

 日本ハムの大谷翔平投手が4日、京セラドーム大阪でのオリックス戦で今季2試合目の先発に臨み、7回を投げ、6安打11奪三振2四球2失点と力投。勝利投手の権利を持って降板した。

 立ち上がりに課題を残した開幕戦の楽天戦同様、この日も不安定な滑り出しとなった。初回、2本のヒットと四球で1死満塁のピンチを迎えると、6番のT-岡田にセンターに弾き返され1点を失う。続く坂口にも犠牲フライを許し、2点のリードを許した。

 2回もヒット2本を浴びたが、粘りの投球で無失点に。3回を三者凡退に切り取った右腕に関して、厚澤投手コーチは「開幕戦もそうだったけど、立ち上がりが不安定だよね。試合に入る準備の仕方に工夫が必要なのかもしれない。コーチとしても考えないといけないところ。前回と同様、3回に入って落ち着いてきた。先制されたのは切り替えて、3回のような調子で投げてほしい」と話した。

 日本ハム打線は3回に先頭の西川の三塁打から1点を返すも、その後は相手先発バリントンの前になかなか追加点を奪えない。しかし7回、継投に入っていたオリックスの救援陣を攻める。2死一、三塁の場面で相手4番手の古川から5番ハーミッダがライトへタイムリー二塁打で同点に。さらに二、三塁の好機で、代わったマエストリからレアードがレフト前に2点タイムリーヒット。逆転に成功した。この瞬間、大谷も腕を突き上げて喜びを表現した。

 大谷は徐々に調子を上げ、5回、6回と三者凡退に仕留める。7回も2三振を奪い、無失点に。116球に達した大谷はここでお役御免。今季2勝目の権利を持って降板した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中