巨人ドラ2ルーキー戸根千明を支える反骨心 有言実行となったお立ち台

同期入団・高木勇の初勝利から9日後、戸根もお立ち台へ

 開幕して5試合に登板。オープン戦ではほとんど打たれることなかったが、シーズンに入ってからは違う。DeNA・梶谷と対戦し、「打ち取った当たりが、あんなに遠くまで飛ばされているのか、と思った」とただのライトフライと思ったボールが右翼手の頭を越えたこともあった。

 特大の本塁打を放つなど、好調の筒香には「これから対戦もあるので、内角を攻めました」と抑えている。経験年数も違うが、負けん気の強さをのぞかせる。華々しく戦うプロの選手も見てきた。そういう彼らを打ち取れば、自分がやってきたことは間違いではない、と自信に変えられる。戸根はそのような考え方で「強気」を手にし、反骨精神で大きくなってきた。

 幸運にも同じチームで同期入団の高木勇人投手がチーム初完封をするなど、活躍。とんでもない刺激剤がいる。高木勇が開幕3戦目で初勝利し、お立ち台には先に上がった。「今度は僕が上がってみせる」と誓った9日後、戸根は初セーブの好投でヒーローインタビューを受けた。戸根は闘争本能に火がつくたび、最高のパフォーマンスをしてくれるだろう。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

JERAはセ・リーグを応援しています。

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY