野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 初登板初先発初勝利の巨人19歳田口、「まさかそんな選手になれるとは…」

初登板初先発初勝利の巨人19歳田口、「まさかそんな選手になれるとは…」

投打にわたる活躍で巨人の連敗ストップに貢献したプロ2年目の19歳左腕、田口麗斗投手がお立ち台で初々しい笑顔を浮かべた。

巨人

打っては決勝タイムリー「無我夢中だった」

 投打にわたる活躍で巨人の連敗ストップに貢献したプロ2年目の19歳左腕、田口麗斗投手がお立ち台で初々しい笑顔を浮かべた。

 11日のヤクルト戦(東京ドーム)で7回を投げて5安打5奪三振無四球1失点と好投。打っては4回2死一、三塁からサードへの決勝タイムリーを放った。巨人はそのまま2-1で競り勝ち、連敗を3でストップ。田口はプロ初登板初先発初勝利の快挙となった。

 試合後は、19歳を好リードし、同点打も放った實松とともにお立ち台へ。「初めまして。2年目の田口です。これだけ大勢のお客様が来てくれるとは思わなかったからビックリしてるんですけど、力になりました」と声を弾ませた。

 初登板が決まった後の心境については「人生に1度しかないチャンスなので、すごく不安もあったけど、持ち味を出せるように日々過ごしてきました」。バッテリーを組んだ實松にも感謝しつつ、決勝打については「あの打席は無我夢中だった。とにかくバットに当てること、ヒットを打つことを考えてたけど。まさかのボテボテで、いい足がいかせたと思う」と振り返った。

 巨人で10代投手の初登板初先発初勝利が7人目だったことを問われると、「まさかそんな選手になれるとは思わなかった」。

 低迷する巨人にとって救世主となった左腕は「まだまだスタート地点に立ったばかり。これからチャンスをつかんで、またこのお立ち台に帰ってこれるようにがんばりたい」とさらなる飛躍を見据えた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング