野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 守護神乱調で岩隈久志の初白星が消滅 サヨナラ負けに指揮官は「辛い負け」

守護神乱調で岩隈久志の初白星が消滅 サヨナラ負けに指揮官は「辛い負け」

今季2度目の先発マウンドに上がったマリナーズ岩隈久志投手が、前日のサヨナラ勝利で勢いづいたドジャース打線に苦しめられた。5回0/3を投げて6安打4失点、5奪三振、3四球ながら白星の権利を持って降板。しかし、今季初勝利はつかめなかった。

20150330_iwakuma

6回途中4失点で勝利投手の権利持って降板も、守護神ロドニーが崩れる

 今季2度目の先発マウンドに上がったマリナーズ岩隈久志投手が、前日のサヨナラ勝利で勢いづいたドジャース打線に苦しめられた。5回0/3を投げて6安打4失点、5奪三振、3四球ながら白星の権利を持って降板。しかし、今季初勝利はつかめなかった。

 1回にカノ&クルーズがアベック弾を放ち、味方打線が3点の援護をしてくれた。だが、好調のドジャース打線は岩隈のスプリットを警戒しながら、辛抱強く打席で球数を稼ぐ戦法に。

 リズムを崩した岩隈は3回に二塁打2つで1失点、味方が1点を追加した直後の4回に代打ゲレロに2ランを打たれた。2点リードで迎えた6回、先頭イーシアにソロ弾を浴びて降板。勝利投手の権利を持ってはいたが、守護神ロドニーが崩れて、連夜のサヨナラ負けを喫した。

人気記事ランキング