野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 敵地で古巣相手に決勝3ランの金城 「元気な姿を見せられてよかった」

敵地で古巣相手に決勝3ランの金城 「元気な姿を見せられてよかった」

巨人は15日、敵地でのDeNA戦に3-0で快勝。原辰徳監督がインフルエンザ(B型)を発症し、自宅で静養となる中、大きな1勝を飾った。試合を決めたのは金城龍彦外野手。0-0の7回に決勝3ランを放った。

full-count3

0-0の7回に試合決める移籍後初本塁打「本当にいい仕事ができて最高の気分」

 巨人は15日、敵地でのDeNA戦に3-0で快勝。原辰徳監督がインフルエンザ(B型)を発症し、自宅で静養となる中、大きな1勝を飾った。試合を決めたのは金城龍彦外野手。0-0の7回に決勝3ランを放った。

 金城にとって、DeNAは昨年まで16年間所属した古巣。横浜スタジアムはかつての本拠地だ。思い出の地で移籍後初本塁打を叩き込んだ。

 お立ち台に立ち、帽子をかぶって頭を下げたベテランは「本当にいい仕事ができて最高の気分です。ありがとうございます」と静かに喜びに浸った。「(DeNAファンに)元気な姿を見せられてよかったと思うし、(先発の)杉内が頑張っていたので何とか援護できてよかった」。横浜スタジアムでの一発は、やはり格別だった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中