野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人、菅野の好投、橋本昇格即3番で3打点! DeNAに完勝、4連勝で貯金1

巨人、菅野の好投、橋本昇格即3番で3打点! DeNAに完勝、4連勝で貯金1

巨人は16日、敵地でのDeNA戦に7-1で快勝。エース菅野が7回3安打1失点6奪三振の好投で、開幕カード以来の2勝目を挙げた。

巨人

3番抜擢の橋本が3打点、不振の村田にも待望の一発

 巨人は16日、敵地でのDeNA戦に7-1で快勝。エース菅野が7回3安打1失点6奪三振の好投で、開幕カード以来の2勝目を挙げた。不振に喘いでいた村田にも一発が飛び出し、原監督がインフルエンザで不在の中、好調DeNAを相手に連勝。チームの連勝は4に伸びた。

 DeNA・高崎、巨人・菅野の両先発の投げ合いで始まった試合は、初回にいきなり動く。1回表、前日のヒーロー1番金城がセンター前ヒットで出塁すると、続く片岡が送りバントで1死2塁。ここで打席に立つのは、昇格していきなりスタメン3番に抜擢された橋本到。橋本はこれに応え、高崎の投じた真ん中高めの変化球をはじき返すと、打球はセンターオーバーフェンス直撃の二塁打で金城がホームを踏む。さらに4番坂本もセンター前へのタイムリーで続き、初回に巨人が2点を先制した。

 巨人先発の菅野は初回こそ制球に苦しむ場面があったものの、2回以降は持ち前のツーシームがコースに決まり始めて安定した投球を続ける。

 巨人は3回表、1死から橋本がこの日2本目の二塁打で出塁すると、2死から阿部がライト線へタイムリーツーベースを放つ。続く4回表、1死から不振に喘ぐ8番村田が、フルカウントから外角高めのストレートを叩くと、打球はライトスタンドへ飛び込む今季1号。開幕から65打席目、待望の本塁打が生まれ巨人はDeNAを4-0と突き放した。

 5回表には、先頭の片岡が出塁すると即座に二盗を決め、これが片岡にとって通算300盗塁。史上29人目の記録となった。内野ゴロで三塁に進んだ片岡は、4番坂本がレフトへの犠牲フライでホームに帰り5-0、巨人が着実に追加点を重ねていく。

 そして7回表には、代わったDeNA加賀から3番橋本がライト中段へ2ランホームランを放ち、ダメ押し。橋本は4打数3安打1本塁打3打点の大活躍で、3番起用に見事応えた。

 好投を続ける菅野は、5回裏にバルディリスにソロホームランを浴びたものの、7回101球を投げ3安打1失点、6奪三振で降板。8回を笠原、9回は戸根が締めた。

 巨人は打線が繋がり、効果的に加点。村田にも待望の本塁打が生まれ、投げてはエース菅野が見事なピッチングで好調DeNA打線を抑え込んだ。DeNAは先発高崎が5回5失点と誤算で、痛い3連敗となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング