野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人、阿部が負傷交代も阪神に競り勝ち、今季初の5連勝! 貯金は「2」に

巨人、阿部が負傷交代も阪神に競り勝ち、今季初の5連勝! 貯金は「2」に

巨人が17日の阪神戦(甲子園)で3-2で勝利を収め、今季初の5連勝で貯金2とした。

巨人

初回にメッセンジャーから3得点

 巨人が17日の阪神戦(甲子園)で3-2で勝利を収め、今季初の5連勝で貯金2とした。先発のポレダが6回を6安打2失点に抑え、今季2勝目(1敗)。阿部が負傷交代するアクシデントに見舞われながらも、初回に奪った3点を守り切った。

 阪神の先発はメッセンジャー。その初回、巨人打線がいきなり襲いかかった。1死から2番片岡がセンターへのヒットで出塁すると、2試合連続で3番に起用された橋本がレフトへのヒットで一、三塁とチャンスを広げる。続く坂本のファーストゴロの間に1点を先制。さらに2死二塁から5番阿部がライト線へのタイムリー二塁打で追加点を挙げた。

 しかしここで阿部にアクシデントが発生。走塁中に足を痛めて小林が代走に送られた。続く井端は死球で一、二塁とし、長野のタイムリーヒットでこの回3点を奪った。

 一方、3回まで無失点に抑えていたポレダは4回先頭の3番鳥谷にレフトへのヒットを許すと、ゴメスにタイムリー二塁打を浴びる。さらに1死三塁の場面で、6番福留にもタイムリー二塁打を許し、1点差に詰め寄られた。

 それでもその後、ポレダは得点を許さず、7回以降を救援陣に託した。9回、澤村が2死一、三塁のピンチを招くも鳥谷をセカンドゴロに打ち取ってリードを死守。阪神に競り勝った巨人は今季初の5連勝を飾った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング