野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神・能見が今季3戦目にして初勝利 「最初から飛ばした」

阪神・能見が今季3戦目にして初勝利 「最初から飛ばした」

阪神が先発・能見の好投、ゴメスの先制&決勝打の活躍で巨人に2-1で勝利した。今季2敗を喫していた能見は3試合目にしてようやく初勝利。

阪神甲子園

ゴメスが勝利に導く2打点「(能見を)何とか助けてあげたいと思っていた」

 阪神が先発・能見の好投、ゴメスの先制&決勝打の活躍で巨人に2-1で勝利した。18日に本拠地で迎えた一戦で、今季未勝利だった能見が先発のマウンドへ。7回を5安打8奪三振2四球1失点と好投した。ゴメスも初回、2死二塁の好機でセンターへ先制のタイムリーヒットを放つと、1-1で迎えた6回1死二塁の場面ではレフトへタイムリーヒット。阪神はこれが決勝点となった。

 今季2敗を喫していた能見は3試合目にしてようやく初勝利。試合後、ゴメスとお立ち台に立つと、「よかったです」と安堵の表情を浮かべ、「過去2試合あまりいいピッチングができてなくて、今日は最初から飛ばして行きました」と振り返った。

 また、勝負強いバッティングでチームを勝利に導いたゴメスは「どちらの場面も積極的にいこうと思って、いいバッティングができてよかった」。能見の今季初白星に「素晴らしいピッチングをしていた。何とか助けてあげたいと思っていたし、そうなってよかった」と喜んだ。

 巨人の連勝を5で止めた阪神。本拠地で勢いに乗りたいところだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング