野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 野球人生の“どん底”を経験? SB李大浩は復活なるか

野球人生の“どん底”を経験? SB李大浩は復活なるか

助っ人砲が復調気配だ。19日のロッテ戦(QVC)。ソフトバンクの5番・李大浩が、決勝の一打を放った。

17日のロッテ戦で12試合ぶりの打点「久しぶりに貢献できた」

 助っ人砲が復調気配だ。19日のロッテ戦(QVC)。ソフトバンクの5番・李大浩が、決勝の一打を放った。

 両チームが初回に2点ずつを奪い合って迎えた3回だった。1番中村晃、2番牧原の連打で、1死一、二塁のチャンスを作ったソフトバンク。4番内川の打席で、牧原がロッテの捕手・田村の牽制に刺されて2死二塁となると、ロッテバッテリーは内川との勝負を避けた。四球で歩かせ、2死一、二塁とした。

「それは(内川の四球は)そうするだろう。内川の調子が良くて、僕は悪い。回ってくるだろうと思って、準備はしていた。そういう(前の打者が勝負を避けられる)のは、自分で乗り越えないといけない」

 この場面で打席に立った李大浩。千載一遇のチャンスを逃さなかった。ロッテ先発の黒沢翔太が投じた初球。真ん中高めへの甘い129キロのシュートを捉えると、打球は左中間へ。センター岡田の頭上を越えて、フェンスに直撃。二者が生還する決勝の2点二塁打だった。

 その2日前の17日にも、李大浩は決勝打を放っている。4回無死二、三塁で左前へ逆転の2点適時打。「本当に久しぶりにチームに貢献できたよ」。こう安堵の表情を浮かべていた。これが、実に12試合ぶりに挙げた打点。4打数3安打で今季初の猛打賞を記録した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中