野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 上原浩治が今季初黒星 1点リードの延長10回に痛恨のサヨナラ被弾

上原浩治が今季初黒星 1点リードの延長10回に痛恨のサヨナラ被弾

レッドソックスの上原浩治投手が25日(日本時間26日)、敵地でのオリオールズ戦に登板し、今季初黒星を喫した。

今季初のセーブ失敗、味方打線が勝ち越した直後に2失点

 レッドソックスの上原浩治投手が25日(日本時間26日)、敵地でのオリオールズ戦に登板し、今季初黒星を喫した。味方打線が1点を勝ち越した直後の延長10回に登板。雨が降る厳しいコンディションの中、犠飛で同点とされると、ラフにサヨナラホームランを浴び、レッドソックスは4-5で敗れた。

 上原は先頭のジョーンズにカウント2-2とすると、外角低めのスプリットを右中間に運ばれた。右翼手が飛び込んだが捕球できず、ボールが転々とする間にジョーンズは三塁まで到達。さらに、デービスにはスプリットをレフトに運ばれ、犠牲フライで同点とされた。

 続くラフにはフルカウントとすると、真ん中付近に甘く入ったスプリットを右翼スタンドまで運ばれ、痛恨のサヨナラ被弾。まさかのセーブ失敗で今季初黒星を喫した。

 この試合の前まで4試合に登板して1勝0敗3セーブ、防御率0.00と抜群の安定感を誇っていた絶対守護神だが、5試合目にして初失点でセーブ失敗。1/3回を2安打2失点1本塁打で防御率4.15となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中