野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 「らしさ」戻りつつある中日・吉見 “負けないエース” が見せた真骨頂とは

「らしさ」戻りつつある中日・吉見 “負けないエース” が見せた真骨頂とは

中日・吉見一起投手に「らしさ」が戻りつつある。1日のDeNA戦で今季4度目の先発。3勝目こそならなかったものの、7回7安打1失点と好投し、防御率は脅威の0.33だ。

中日

開幕から自己最長の25回1/3無失点を記録、4試合で脅威の防御率0.33

 中日・吉見一起投手に「らしさ」が戻りつつある。

 1日のDeNA戦で今季4度目の先発。3勝目こそならなかったものの、7回7安打1失点と好投した。自己最長の25回1/3まで伸ばした開幕からの連続無失点イニングは6回に途切れたが、防御率は脅威の0.33だ。

 この試合では今季初の100球超えとなる107球を投げた。2013年6月に右肘内側側副靱帯の再建手術を受け、その後は未勝利だったことを考えれば、これも大きな収穫だが、投球内容は開幕からの3試合と比べて完璧とはいえなかった。

 7安打、3四球。6回の失点も先頭打者への四球から。抜群の制球力が持ち味の右腕からすれば、納得のいかない形だったと言えるだろう。

人気記事ランキング