野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 決勝3点打で後輩の森と勝利に導いた中村 「そろそろホームラン打ちます」

決勝3点打で後輩の森と勝利に導いた中村 「そろそろホームラン打ちます」

西武が大阪桐蔭高出身者の活躍でオリックスに競り勝った。高卒2年目の6番・森友哉が先制ソロを含む3安打2打点をマークすると、4番・中村剛也は決勝の3点タイムリー。3番・浅村も3打数2安打1打点2四死球と役割を果たし、最後は10-6で勝利した。

西武ライオンズ

大阪桐蔭高出身者の活躍で西武が勝利、先制ソロの森は「一番理想のバッティング」

 西武が大阪桐蔭高出身者の活躍でオリックスに競り勝った。高卒2年目の6番・森友哉が先制ソロを含む3安打2打点をマークすると、4番・中村剛也は決勝の3点タイムリー。3番・浅村も3打数2安打1打点2四死球と役割を果たし、最後は10-6で勝利した。

 中村と森は試合後にそろってお立ち台に。2回1死から左中間スタンドへ先制ソロを叩き込んだ森は「一番理想のバッティングができたと思います」と満足気に振り返った。

 この日は、5-3の7回2死二塁でも打席に立ち「ダメ押しの場面だったので、何とか食らいついてヒットを打つことが出来ました」。海田からセンター前に弾き返し、大きな1点を加えた。

 しかし、試合は意外な展開に。西武は8回に3点を奪われ、同点に追いつかれた。その裏の攻撃で大仕事をしたのが4番の中村だ。3四死球で2死満塁のチャンス。佐藤の低めへ直球を右中間に運び、これが決勝の3点二塁打となった。

人気記事ランキング