野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 広島の珍勝利呼んだ石井Cが解説 「球審が宣告してなかった。それが全て」

広島の珍勝利呼んだ石井Cが解説 「球審が宣告してなかった。それが全て」

4日の広島ー巨人の試合は、思わぬ幕切れとなった。サヨナラインフィールドフライで“タナボタ勝利”を手にした広島は、渦中にいた石井コーチがブログでこのプレーを解説した。

サヨナラインフィールドフライで“タナボタ勝利”、渦中にいた石井Cがブログで解説

 
 4日の広島ー巨人の試合は、思わぬ幕切れとなった。
 
 同点の9回1死満塁。広島・小窪がホームベース付近に大きな飛球を打ち上げた。捕球しにきた巨人の三塁・村田と一塁・フランシスコの両者がお見合いのような形で取り損ね、打球がグラウンドにポトリ。球審がインフィールドフライを宣告せず、フェアの判定をしたため、フランシスコはボールを拾ってホームベースを踏んだ。

 直後に三塁走者の野間が本塁を駆け抜けたが、球審が本塁フォースアウトのジャッジ。これで2アウトになったかと思いきや、インフィールドフライが別の審判によって宣告されていたため、その時点で打者走者の小窪がアウト。タッチプレーが必要だった。

 猛ダッシュで球審にアウトでないことをアピールしに行ったのは、広島の三塁コーチャーを務める石井琢朗コーチ。続けて緒方監督もベンチから飛び出した。アピールが実り、野間の生還が認められ、広島が3-2でサヨナラ勝利。9回126球を投げ切って2失点で完投した大瀬良に、ようやく今季初勝利がついた。

 この珍サヨナラ劇の渦中にいた同コーチが、自身のブログでプレーを解説している。「今季初のサヨナラ勝ちは世にも珍しい幕切れとなりましたが、どんな勝ち方にせよ、勝ちは勝ち。何よりも大瀬良クンに勝ちをつけられたこと。それが一番ですね、今日は。なんとか大瀬良に勝たせたい! そんなチーム全員の思いが、最後は野球の神様の心を動かしてくれたのでしょう」と書きだした上で、最後のプレーについて言及した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中