野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

首位攻防戦で“痛い”ミス DeNA捕手・高城の送球が井納直撃で4失点目

首位DeNAと2位巨人による1.5ゲーム差の首位争い。横浜スタジアムの試合でDeNAに文字通りの痛いミスが出た。

DeNA

二塁への低めの送球が…、ボール見ずに屈んでボール直撃の井納は降板

 首位DeNAと2位巨人による1.5ゲーム差の首位争い。横浜スタジアムの試合でDeNAに文字通りの痛いミスが出た。

 3-0で巨人がリードして迎えた4回表。先発の井納は2アウトから1番・橋本にセンター前ヒット、2番・片岡にライト前ヒットを浴び、1、3塁とピンチを招いた。

 3番・亀井のところで、1塁走者の片岡がスチールを仕掛けた。捕手の高城は三塁走者がスタートを切るのを警戒したのか、二塁への送球をカットできる高さでスローイングした。

 しかし、高城の投げたボールを見ずにかかんだ井納の背中に直撃。ボールが三塁方向にそれる間に三塁走者がホームインし、4点目が入ってしまった。記録は盗塁と捕手・高城のエラーとなった。

 ボールが直撃した井納は痛みを隠せず、顔がゆがんでいた。亀井に対し、投げたのはこの1球。川村投手コーチがマウンドへ行き、状態を確認したが、そのまま降板となった。

 井納が取るべきだったのか、高城がもう少し高く投げて、二遊間の選手に取らせるべきだったのか。バッテリーの呼吸が乱れ、珍しいプレーが飛び出してしまった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング