ロッテの大嶺兄弟が初めて一緒にお立ち台に 「こういう日が来るとは…」

「こういう日が来るとは思ってなかったんで、今日はすごく嬉しい」

 ただ、翔太は「僕のところに打たせてくるなとずっと思ってました」とも話し、兄に負けじと笑いを取った。「今日、練習中に監督から『最後のチャンス』という言葉を頂いて、気持ちで何とかヒットに出来たのは大きかったです」と”秘話”も明かし、3回の意地のタイムリーを振り返った。

 2人でのお立ち台について、祐太は「こういう日が来るとは思ってなかったんで、今日はすごく嬉しいです。ありがとうございます」と感慨深げに話した。兄が「今日、初めて5回以上投げたので、これからももっと長いイニング投げられるように頑張ります」と言えば、弟も「与えられたチャンスでしっかり結果を残して、1年間1軍で活躍するので応援お願いします」と誓った。

 大嶺兄弟の活躍に今後も期待できそうだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

PREV

前の記事

NEXT

次の記事

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY