野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 主力復帰の巨人が広島に連勝 古巣相手に好投の大竹が初白星、大田が今季1号

主力復帰の巨人が広島に連勝 古巣相手に好投の大竹が初白星、大田が今季1号

巨人が13日の広島戦(東京ドーム)で1-0と勝利し、連勝を飾った。巨人は先発の大竹が7回3安打無失点の好投。古巣相手に素晴らしいピッチングを見せ、連日の1点差ゲームを制した。広島は先発大瀬良が7回1失点と好投したが、打線が援護できなかった。

巨人

大竹が7回3安打無失点の好投、1点死守で巨人が連勝

 巨人が13日の広島戦(東京ドーム)で1-0と勝利し、連勝を飾った。巨人は先発の大竹が7回3安打無失点の好投。古巣相手に素晴らしいピッチングを見せ、連日の1点差ゲームを制した。広島は先発大瀬良が7回1失点と好投したが、打線が援護できなかった。

 13日、2軍で調整を続けていた阿部慎之助と坂本勇人を昇格させた巨人は、1番に大田を置き、クリーンナップに堂上、坂本、阿部を並べる新布陣で試合に望んだ。

 3回裏、1番に入った大田が魅せる。1ボールからの2球目、大瀬良の甘く入った変化球を強振すると、打球はレフトスタンド中段まで届くソロホームラン。大田の今季1号で、巨人が先制する。

 巨人は4回裏にも、2死からチャンスを作る。長野がエラーで出塁すると、アンダーソンのライト前ヒットで一、三塁。続く村田が四球で歩き、2死ながら満塁とする。しかしここで大竹が外角のストレートに手が出ず見逃し三振に終わり、チャンスを逃す。

 試合は1-0のまま、拮抗した展開で終盤戦へ。

 広島も8回表、この回からマウンドに上がったマシソンを攻め、會澤と田中のヒットで2死一、三塁とチャンスを作る。ここで打席に入るのは、この日2安打を放ち、守備でも好プレーを見せた菊池。フルカウントからマシソンの投じたストレートを打ち上げ、ファーストのファールフライに。広島は最大のチャンスを生かすことができなかった。

 9回は澤村が締め、巨人が1-0で勝利。昨日に続き連勝となった。昇格即先発となった大竹は、嬉しい今季1勝目。首位・DeNAを追う2位巨人が、主力を揃え追撃態勢に入った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング