野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人大田、1番起用で決勝弾 「一振りで決める気持ちで集中した結果」

巨人大田、1番起用で決勝弾 「一振りで決める気持ちで集中した結果」

巨人の1番に入った大田が、見事なホームランで勝利に貢献した。坂本、阿部という主力が2軍落ちしていた状況で、巨人の4番を守っていた大田。2人が揃って昇格した13日の広島戦、「1番・センター」で起用された大田は、3回に今季1号となるソロホームランをレフトスタンドへ叩き込んだ。

「チームに貢献できて、今日はホッとしています」

 巨人の1番に入った大田が、見事なホームランで勝利に貢献した。坂本、阿部という主力が2軍落ちしていた状況で、巨人の4番を守っていた大田。2人が揃って昇格した13日の広島戦、「1番・センター」で起用された大田は、3回に今季1号となるソロホームランをレフトスタンドへ叩き込んだ。

 試合後のヒーローインタビューで、先発の大竹と共にお立ち台へ上がった大田は、決勝ホームランについて「打った瞬間に、いい打球が飛んでいってくれたので良かったです。とにかく甘い球を打ち損じしないように、一振りで決める気持ちで集中した結果が、ホームランになってくれました」と清々しい表情で振り返った。

 主力の相次ぐ離脱で4番に入ることも多かった大田。3割台後半の高打率を維持していたが、打点はわずか1、ホームランも出ていなかった。

 ようやく出た一発に大田は「打点とか、チームに貢献するバッティングがあまりできていなかったので、今日はホッとしています」と振り返り、「本当に、これでチームが勝てたので凄く嬉しいです」と勝利の味を噛みしめていた。

「とにかく甘い球を逃さないように、フルスイングしていきたい」と締めくくった大田。大柄な選手ながら、脚力にも自信を持つ大田は、恐怖の先頭打者として今後の巨人を牽引していくかもしれない。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中