野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 今年もドラマのような活躍見せた34歳 中日・藤井が秘めるポテンシャル

今年もドラマのような活躍見せた34歳 中日・藤井が秘めるポテンシャル

愛知県豊橋市出身。年に1度の地元開催で主役となったばかりか、この日が34歳の誕生日だった。

「他のスポーツをやらせても一流になれる」高い身体能力の持ち主

 故郷に錦を飾る活躍だった。豊橋市民球場で行われた20日の広島戦。中日・藤井淳志外野手は3点を追う6回に代打で登場すると、2死二塁でライト前にタイムリーを運んだ。さらに、1点ビハインドの7回。2打席目は2死二、三塁から左中間に1号逆転3ランを放り込んで見せた。

 愛知県豊橋市出身。年に1度の地元開催で主役となったばかりか、この日が34歳の誕生日だった。

 昨年8月5日の豊橋での広島戦では、プロ入り初のサヨナラ本塁打を放った。この日は、2年連続で上がった地元でのお立ち台で「豊橋が大好きです!」と絶叫。大きな歓声を浴びた。盆と正月が一度に来たような、忘れられない1日になったに違いない。

 藤井の最大の魅力は、その身体能力の高さだろう。50メートル5秒8の俊足。遠投は120メートルを超え、試合前の守備練習では鋭い返球が捕手のミットに突き刺さる。全身バネのような軽やかな身のこなしに、他球団のスコアラーからは「他のスポーツをやらせても一流になれる」と羨む声も聞かれる。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中