野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

滑り止め使用やNPB球の導入も解決策に!? レ軍監督がMLB球の問題点を指摘

上原浩治、田澤純一両投手が所属するレッドソックスのジョン・ファレル監督が、メジャー公式球について「滑りやすい」と問題点を指摘し、米国内で大きな話題となっている。

松ヤニ使用もやむなし? 滑るMLB公式球には「ピッチャーが使用できる物質を承認した方がいい」

 上原浩治、田澤純一両投手が所属するレッドソックスのジョン・ファレル監督が、メジャー公式球について「滑りやすい」と問題点を指摘し、米国内で大きな話題となっている。“暗黙の了解”と化しているともされる投手の滑り止め使用を公認するか、滑りにくいNPB公式球を導入するという改革案を訴えたことを、MLB公式サイトが「ファレルはグリップ強化の物質に賛成」との見出しで報じている。

「ピッチャーが使用できる物質を承認した方が、私はいいと思う。我々が使っているボールは、泥をこすりつけると、すごく滑りやすい感覚になる。泥の残存物がボールに付着した場合、グリップに安定感を感じないこともある。

 ベトっとした感覚のある日本の使用球を使わない限り、誰もが使える何かを認めた方がいい。もしも、打者に投票させても、打者もボールをしっかりとグリップされていることを認識したいと望むだろう。ボールがすっぽ抜けないということを」

 現役時代は投手。引退後に投手コーチとして手腕を発揮し、2013年シーズンには指揮官としてレッドソックスをワールドシリーズ優勝に導いたファレル氏は、こう主張したという。

 ファレル監督は昨年4月23日にヤンキースと対戦した際に、首元に松ヤニを仕込んだヤンキースの先発投手マイケル・ピネダの調査を審判に依頼。ピネダは不正投球で退場処分となり、10試合の出場停止処分が言い渡されていた。この時は、その前の登板で不正投球疑惑が持ち上がったピネダが、またしても堂々と松ヤニを首に塗り込んでいたために、指摘せざるを得なかったとファレル監督は主張していた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中