野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス柳田は豪快な初2本塁打も“ほのぼの” 「点が入るなー、と思って」

試合後のヒーローインタビューで、柳田は自身初の1試合2ホーマーについて「いつか打ってみたいと思っていたんですけど、今日、このナゴヤドームで打てて嬉しいです」と振り返った。

2打席連発で勝利に貢献、「いつか打ってみたいと思っていた」

 ソフトバンクが28日、敵地・ナゴヤドームでの中日戦を7-2で制した。中日に1点を先制されて迎えた7回表、柳田のレフトスタンドへの9号ソロで同点に追いつくと、この回に3得点で勝ち越し。さらに、続く8回にも柳田の2打席連続の10号ソロなどで4点を加える終盤の猛攻で中日を下し、このカードの勝ち越しを決めた。

 試合後のヒーローインタビューで、柳田は自身初の1試合2ホーマーについて「いつか打ってみたいと思っていたんですけど、今日、このナゴヤドームで打てて嬉しいです」と振り返った。

 7回の同点ホームランは、変化球を逆方向に運ぶ驚きの一発。「変化球は頭にあったんですけど、いい反応ができました」。改めて身体能力の高さを感じさせた。

 そして、8回のホームランは速球を豪快に右翼スタンドに叩き込んだ。「いつも練習しているんですけど、その通りに打てたので気持ちよかったです。点が入るなー、と思って走ってました」とプレーの豪快さとは無縁の、ほのぼのとしたコメントで場内を沸かせた。

 6回まで無得点に抑えられながら、7回以降で7点を奪取。ソフトバンクの底力を感じさせる試合展開となった。柳田も「高田がいいところで打ってくれましたし、武田も粘り強く投げていたので、チームメイトに感謝です」と仲間の活躍をねぎらった。

 先発の武田は3回に1点を失ったものの、6回を投げて6安打1失点と試合を作った。好投した武田についても「どうにかしたいという気持ちが強かったので、同点になったホームランは本当に嬉しかったですね」と話した柳田は、この日も5打数2安打2本塁打で打率は3割6分4厘まで上昇。大器の活躍で、ソフトバンクが勢いに乗る。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中