野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 自己最長5戦連続マルチの青木宣親、「毎日何かしらの結果を出したい」

自己最長5戦連続マルチの青木宣親、「毎日何かしらの結果を出したい」

試合後、テレビインタビューに答えた青木は7回まで1-0と均衡した展開が続いた試合に「粘り勝ち。点差以上に苦しい試合だった。最後にビッグイニングを作ることができたし、とにかく勝った」と振り返った。

20150529_aoki2

5試合13安打と勢い止まらないリードオフマン、ジ軍は4連勝

 自己最長となる5試合連続マルチ安打でジャイアンツの4連勝に貢献したジャイアンツの青木宣親外野手が自身の打撃に手応えを口にした。

 28日(日本時間29日)、本拠地でのブレーブス戦で「1番・レフト」で先発。相手先発ミラーの前に最初の2打席で凡退したが、6回1死二塁で迎えた第3打席でレフト前ヒット。さらに1点リードの8回無死一、二塁では三塁方向に絶妙なバントヒットを放った。この回一気に6点を奪ったジャイアンツは7-0で快勝。連勝を4に伸ばし、この日試合がなかったナ・リーグ西地区首位のドジャースにゲーム差0・5に迫った。

 試合後、テレビインタビューに答えた青木は7回まで1-0と均衡した展開が続いた試合に「粘り勝ち。点差以上に苦しい試合だった。最後にビッグイニングを作ることができたし、とにかく勝った」と振り返った。

 また、8回にたたみかける攻撃で試合を決めたチームに「ビッグイニングを作れているのが大きい」とし、「ミーティングでは自分で決めないでみんなでやっていこうということはよくいっている。そういう気持ちがいい方向にいっていると思う」と分析した。

人気記事ランキング