野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島が暴投で決勝点奪い2連勝 オリックス金子は復帰2戦目も白星ならず

広島が暴投で決勝点奪い2連勝 オリックス金子は復帰2戦目も白星ならず

広島が相手の暴投で決勝点を奪い、オリックスに4-3で勝利して2連勝とした。

広島カープ

9回に守護神平野佳の暴投で決勝点、先発ジョンソンは7回途中2失点、田中は3安打2得点

 広島が相手の暴投で決勝点を奪い、オリックスに4-3で勝利して2連勝とした。同点の9回に二塁打で出塁した田中が、三塁に進んでから守護神・平野佳の暴投で生還し、これが決勝点となった。田中が3安打2得点と活躍し、先発ジョンソンは白星こそつかなかったが、7回途中4安打2失点と好投。オリックスの金子千尋投手は復帰2戦目で6回6安打2失点と粘りの投球を見せたが、初勝利はならなかった。

 金子は初回、先頭の田中にライトへの二塁打を浴びると、菊池の送りバント、丸、新井への連続四球でいきなり1死満塁のピンチを招く。しかし、5番シアーホルト、6番エルドレッドを連続空振り三振に仕留め、無失点で切り抜けた。

 一方、広島のジョンソンもその裏に2死三塁とされたが、カラバイヨを空振り三振。こちらも立ち上がりのピンチを凌いだ。

 金子は2回、木村昇、野間、石原を3者凡退とギアが上がる。すると、オリックスは竹原の四球などで2死二塁のチャンスを作り、川端がレフトへタイムリーツーベース。先制に成功した。

 金子は3回も3者凡退の好投。オリックスもその裏、ジョンソンの前に3者凡退に片付けられる。

 4回、金子は新井を空振り三振に仕留めて1アウトを取ったが、続くシアーホルツにはバックスクリーンへの同点ソロを浴びる。その後、エルドレッドの中前打、木村昇のツーベース、野間へのストレートの四球で1死満塁とピンチを招くが、ここで石原はサードゴロ。ダブルプレーで勝ち越しは許さなかった。

 その裏のオリックスは1死二塁としたが、ジョンソンが踏ん張って無得点。5回は両投手とも3者凡退に抑えた。

 6回、オリックスは新井、シアーホルツの連打で無死一、三塁とチャンスを作る。ここで金子がワイルドピッチ。1点を勝ち越された。この後、エルドレッドへの四球で一、二塁となったが、後続は断った。

 金子はリードを許したまま、この回限りで降板。昨年、16勝5敗、防御率1.98の好成績で初のMVP、沢村賞を受賞した右腕は、オフに右肘を手術。開幕に間に合わず、初登板となった今月23日のロッテ戦では3回7安打6失点の乱調でKOされていたが、この日も初勝利はならなかった。

 広島は7回、2番手・岸田を攻めて1死一、二塁とすると、新井がレフトへタイムリー。二塁走者の田中が生還して追加点を加えた。一塁走者の丸は三塁を回ったところでコーチに止められたが、帰塁できずにアウトとなり、続くシアーホルツはファーストゴロに倒れた。

 2点リードとなった広島だが、ジョンソンは7回、四球と伊藤のヒットなどで2死一、三塁とされる。ここで西野にライトへのタイムリーを浴びて1点差。さらに、安達には四球を与えて満塁とされる。ここで広島は戸田にスイッチ。中継ぎ左腕は主軸の糸井を見事に空振り三振に仕留め、火消しに成功した。

 しかし、8回、広島が3番手の永川にスイッチすると、先頭のカラバイヨが左中間へ特大のソロ。同点に追いついた。

 同点の9回、オリックスは守護神の平野佳を投入したが、先頭の田中にレフトへの二塁打を浴びる。菊池がバントを決めて1死三塁となると、丸を迎えたところでワイルドピッチ。好機を潰してきた広島が、しぶとく勝ち越し点を奪った。

 9回は中崎が無失点で締めて4-3で勝利。2連勝となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング