野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 楽天・中川がプロ初サヨナラ本塁打 延長10回に劇的一発で巨人破る

楽天・中川がプロ初サヨナラ本塁打 延長10回に劇的一発で巨人破る

楽天が中川大志内野手のプロ初となるサヨナラ本塁打で本拠地での巨人戦に快勝した。セ・リーグトップタイの6勝を誇る巨人のルーキー高木勇人と楽天のエース則本昂大の先発で始まった試合は、3-3で延長戦に突入。10回に中川がレフトへ一発を叩き込み、4-3で快勝した。9回から登板した松井裕樹投手に今季初勝利が付いた。

楽天 スタジアム

松井が今季初勝利、楽天が巨人に勝ち越し

 楽天が中川大志内野手のプロ初となるサヨナラ本塁打で本拠地での巨人戦に快勝した。セ・リーグトップタイの6勝を誇る巨人のルーキー高木勇人と楽天のエース則本昂大の先発で始まった試合は、3-3で延長戦に突入。10回に中川がレフトへ一発を叩き込み、4-3で快勝した。9回から登板した松井裕樹投手に今季初勝利が付いた。

 巨人は初回、1死一、二塁とチャンスを作るも、坂本はショートライナー。二塁走者の橋本が飛び出し、ダブルプレーで無得点に終わった。

 一方、高木勇は3者凡退の好スタート。2回は則本、高木勇ともに3者凡退に仕留めた。

 3回、巨人は1死から吉川が巨人初ヒットとなる三塁打を放ち、1死三塁の好機を作る。ここで橋本がセンターへタイムリー。さらに、則本のボークと1死二塁となり、続く立岡もレフトへのタイムリーを放って追加点。9番からの3連打で2点を奪った。

 リードをもらった高木勇は3、4、5回と無失点の好投。しかし、6回につかまる。先頭のペーニャは四球、ウィーラーにはレフトへの二塁打を浴びて1死二、三塁のピンチ。福田は捕邪飛に打ち取ったが、藤田は右中間へのタイムリーツーベース。楽天が同点に追いついた。

 7回、楽天は2死から後藤がレフトへ勝ち越しソロ。高木勇から貴重な1点をもぎ取った。

 しかし、巨人もすぐに反撃。8回無死二塁から、吉川がタイムリーツーベースを放ち、すぐに同点とした。マウンド上の則本はがっくりとうなだれた。

 高木はその裏を無失点に抑える。すると、楽天は9回、則本に代えて守護神の松井裕樹を投入。4番からの好打順を3者凡退に抑える快投で、コボスタ宮城は大きな盛り上がりを見せた。

 楽天も9回は無失点で延長に突入すると、続投した松井が10回も無失点の快投。すると、その裏に先頭で打席に入った中川が3番手のマシソンから豪快な一発をレフトスタンドへ叩き込んだ。DeNAが負けて、巨人が勝てば同率首位となる一戦だったが、楽天の新星が熱戦にケリを付けた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング