野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今季初勝利ならずも、好投の和田毅を相手主砲が称える 「本当にいい投球」

カブスの和田毅投手が5月31日(日本時間1日)、本拠地でのロイヤルズ戦に先発し、5回2/3を2安打1失点4奪三振と好投。6回2死から四球を与えたところで96球で降板した。

今季3試合目のロイヤルズ戦で6回途中2安打1失点も勝敗つかず

 カブスの和田毅投手が5月31日(日本時間1日)、本拠地でのロイヤルズ戦に先発し、5回2/3を2安打1失点4奪三振と好投。6回2死から四球を与えたところで96球で降板した。

 2番手投手がピンチを広げてからタイムリーを浴び、和田に1失点がつく不運な展開となったが、チームは延長11回の末に2-1で勝利。3試合連続で勝敗はつかなかったものの、相手の主砲ゴードンから称えられていることをMLB公式サイトが報じた。

 本拠地リグレー・フィールドで、和田は再び快投を見せた。初回、2死で3人目の打者ケインから三振を奪うとエンジン全開。2回1死の場面では、ショートの間にフラフラと上がった4番ゴードンのフライを味方が判断ミスで二塁打とする場面もあったが、危なげないピッチングを続けた。

 唯一の失点も不運だった。6回、エスコバーを中飛、インファンテを三ゴロに仕留める。しかし、ケインに四球を与えた段階で球数が96球に。名将マドン監督がマウンドに向かい、無念の降板となった。和田が先発ローテーション入りした代わりにブルペンに移った2番手のウッドは、モラレスに四球を与えると、ゴードンにはレフトへのタイムリーヒットを許した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中