野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

柳田が圧巻の2発! ソフトバンクが延長11回にDeNA下す

ソフトバンクが敵地で行われたDeNAとの一戦を4-2で制した。延長11回の熱戦に決着を付けたのは、柳田悠岐の底知れないパワーだった。DeNAは先発三浦が7回2失点と好投したが、打線がチャンスを生かせなかった。

DeNA先発三浦は7回2失点の好投も勝利につながらず

 ソフトバンクが敵地で行われたDeNAとの一戦を4-2で制した。延長11回の熱戦に決着を付けたのは、柳田悠岐の底知れないパワーだった。DeNAは先発三浦が7回2失点と好投したが、打線がチャンスを生かせなかった。

 DeNA・三浦、ソフトバンク・中田の先発で始まった試合は、2回表、ソフトバンクが内川のホームランで先制する。2-2から三浦が投じたスライダーを振り抜くと、打球はセンターバックスクリーンへ飛び込む、6号ソロホームラン。

 しかしDeNAもその裏、すぐに同点に追いつく。先頭の井手が高めの速球を叩くと、打球はレフトスタンド上段へ。筒香、ロペスが不在の中、クリーンナップを任され、好調を維持している男の一発で、DeNAが試合を振り出しに戻した。

 DeNAは5回裏、先頭の松本がレフト前へ落ちるヒットで出塁すると、続く高城が送り1死二塁とチャンスを広げる。三浦が倒れて2死後、荒波がセンターオーバーのツーベースを放ち、逆転に成功した。

 一方のソフトバンクは6回表、1死から柳田が打席へ。1ボールから真ん中高めに甘く入ったボールを強振すると、打球は何とセンターバックスクリーン上部を直撃する、強烈な一発。柳田の12号ソロホームランで、再び同点となった。

 7回表、ソフトバンクは1死から投手の中田が三塁線を破るツーベースで出塁すると、ワイルドピッチとエラーで1死一、三塁と絶好の勝ち越しのチャンスを迎える。しかし、三浦がここから粘りを見せる。明石を三振に打ち取ると、前の打席で強烈な一発を浴びた柳田に対し、フルカウントから外角低めへ完璧に制球された直球を投げ込み見逃し三振。

 ピンチを切り抜けた三浦は、この回で降板。勝利こそ付かなかったが、7回107球、6安打2失点6奪三振と先発の仕事を見事に果たした。

 ソフトバンクは8回表にも、DeNA2番手のエレラを攻めて無死一、二塁のチャンスを作るが、松田がダブルプレー、高田もセカンドゴロに終わりチャンスを生かせない。

 するとDeNAは8回裏、先頭の荒波が内野安打で塁に出ると、白崎の送りバントで1死二塁とする。ソフトバンクはここで先発の中田を諦め森福をマウンドへ送る。DeNAは石川がセカンドへの内野安打、続く梶谷が四球を選び1死満塁とチャンスを広げる。森福は1死も取れず、3番手の二保がマウンドへ。DeNAは井手が落ちる球に合わず空振り三振、バルディリスもセンターフライに倒れ、こちらも絶好のチャンスを生かせなかった。

 9回表に同点の場面で山崎康を投入し、勝利への強い意欲を見せたDeNA。両者得点が生まれず、試合は2-2のまま延長戦へ。

 試合が動いたのは11回表。この回からマウンドに上がった国吉に、ソフトバンク打線が襲いかかる。先頭の川島がライトへのヒットで出塁、川島は国吉の暴投と中村晃の犠打で三塁へ進むと、工藤監督は明石の場面でスクイズを選択。これが見事に決まり、ついに1点を勝ち越す。さらに続く柳田が、この日2本目となる13号ソロをライトスタンドへ叩き込み、試合を決めた。

 11回裏をサファテが締めたソフトバンクは4-2で勝利し、前日逆転負けした嫌なイメージを払拭。一方、敗れたDeNAはこの日オリックスを下した巨人に同率首位で並ばれた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中