野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 和田毅は9安打5失点の乱調で4回途中KO 今季4戦目も初勝利ならず

和田毅は9安打5失点の乱調で4回途中KO 今季4戦目も初勝利ならず

カブスの和田毅投手が5日(日本時間6日)、敵地でのナショナルズ戦で今季4度目の先発マウンドに上がり、またも初勝利はならなかった。序盤から打ち込まれ、3回2/3を9安打5失点の乱調。無念のKOとなった。

カブス

序盤から打ち込まれて無念のKO、防御率は4.19に

 カブスの和田毅投手が5日(日本時間6日)、敵地でのナショナルズ戦で今季4度目の先発マウンドに上がり、またも初勝利はならなかった。序盤から打ち込まれ、3回2/3を9安打5失点の乱調。無念のKOとなった。

 和田は初回、スパンをセンターフライ、ジマーマンをセカンドフライと上々のスタート。今季好調のハーパーには四球を与えたが、レンドンは見逃し三振に仕留めた。

 しかし、2回につかまる。先頭のラモスにライト前ヒット、デズモンドにはレフトへの二塁打を浴びて無死二、三塁のピンチ。ここでエスピノザにレフトへの3ランを浴びた。その後、テイラー、ロアークはライトフライ、スパンはレフトフライに抑えた。

 3回も先頭のジマーマンにライト前ヒットを浴びると、ハーパーにはライトオーバーの痛烈な一打を浴びる。しかし、ライトのレイクが素早く処理すると、前の走者が三塁で止まっていたにもかかわらず、ハーパーは二塁を回る。塁間で挟まれてアウト。和田にとってはラッキーなプレーとなった。

 続くレンドンはサードゴロ、ラモスにはライトへの痛烈なライナーを浴びたが、レイクのファインプレーでアウトとなった。

 4回、カブスはリッゾのソロホームランで1点を返すが、和田は立ち直れない。その裏、先頭のデズモンドにセンター前ヒット、エスピノザにはレフトへの二塁打を浴びて無死二、三塁とされる。テイラーにはライトへの犠牲フライを打たれ、4点目を奪われた。

 さらに、ピッチャーのロアークにもサードへの内野安打を浴びて1死一、三塁と再びピンチ。スパンにはセンター前へのタイムリーを浴び、5失点となった。

 ジマーマンには三遊間への強いゴロを打たれたが、これはカストロのファインプレーで二塁フォースアウト。続くハーパーは敬遠四球で、2死満塁としたこところで和田は交代を告げられた。2番手のジャクソンはレンドンをサードフライに打ち取った。

 和田は3回2/3を投げ、9安打5失点1奪三振2四球の乱調。62球を投げ、ストライクは37球。防御率は4.19となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング