野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ソフトバンクが“伏兵“の活躍で巨人に連勝 ゲーム差なしの単独首位浮上

ソフトバンクが巨人は3-2で破り、2連勝でゲーム差なしの単独首位に浮上した。先発スタンリッジが7回6安打1失点の力投で6勝目(4敗)。川島慶三内野手が同点打、高谷裕亮捕手が決勝2点タイムリーと、打線は“伏兵”が仕事をした。

ソフトバンク

川島、高谷が大仕事、巨人打線はスタンリッジの荒れ球を攻略できず

 ソフトバンクが巨人は3-2で破り、2連勝でゲーム差なしの単独首位に浮上した。先発スタンリッジが7回6安打1失点の力投で6勝目(4敗)。川島慶三内野手が同点打、高谷裕亮捕手が決勝2点タイムリーと、打線は“伏兵”が仕事をした。巨人は先発の杉内が4回に崩れて3失点。打線もスタンリッジの荒れ球を攻略できなかった。

 巨人は初回、いきなりソフトバンクの先発スタンリッジを攻める。先頭の立岡がセカンドへの内野安打で出塁し、片岡のバントなどで2死三塁のチャンス。ここで4番・坂本がレフトへのタイムリーツーベースを放ち、先制に成功した。

 2回にも無死一、二塁から實松がセンターへヒットを放つも、本塁を狙ったアンダーソンはクロスプレーでアウト。さらに、杉内はバント失敗、立岡はセンターフライで3アウトとなり、追加点を奪えなかった。

 4回、それまでチャンスを作れずにいたソフトバンク打線が、ようやく杉内をつかまえる。先頭の柳田が四球で出塁し、続く内川の打席の初球で二盗に成功。内川は空振り三振に倒れたものの、李大浩、マツダが連続四球を選び、1死満塁とチャンスを作った。

 ここで、川島がレフトへの同点タイムリー。さらに、高谷がライトへ勝ち越しの2点タイムリーツーベースを放ち、3-1とリードを奪った。

 5回、巨人は杉内に代打・長野を送るも3者凡退。4回裏の巨人の攻撃から7回表のソフトバンクの攻撃までは、両チーム共に3者凡退と試合が動かない。

 7回裏、巨人は先頭のアンダーソンがレフトへのツーベースで出塁。続く井端のライトフライで1死三塁とチャンスが広がる。ここで實松に代打・阿部が送られる。スタンリッジはストレートの四球を与え、1死一、三塁となった。

 巨人は、さらに2番手で好投していた宮國に代打・金城を送る。しかし、スタンリッジは三邪飛に打ち取ると、立岡はショートゴロでチェンジ。無失点で切り抜け、マウンド上でガッツポーズを繰り出した。

 ソフトバンクは8回、バリオスをマウンドに送るが、2死一、二塁とピンチを招く。ここでアンダーソンが右中間を深々と破る二塁打。二塁走者の片岡が生還し、代走の一塁走者・大田も本塁を狙ったが、センター柳田、セカンド川島が鮮やかな中継プレー。捕手・高谷の好ブロックもあり、本塁で大田を刺して3点目を与えなかった。

 9回はサファテが無失点に抑え、ソフトバンクが3-2で勝利。阪神に敗れた日本ハムを勝率で上回り、ゲーム差なしの首位に浮上した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング