野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNAが痛恨の6連敗 三浦の力投を生かせず、救援陣の乱調で逆転負け

DeNAが敵地での楽天戦で逆転負けし、泥沼の6連敗となった。先発の三浦大輔投手が6回4安打3失点と力投したが、救援陣がリードを守れず、8回に逆転されて4-5で敗戦。いまだ負けなしの“番長”の粘投を生かせず、2日のソフトバンク戦で勝利してから引き分けを挟んで6連敗となった。

“番長”は6回3失点と粘投も、8回に救援陣が逆転許す

 DeNAが敵地での楽天戦で逆転負けし、泥沼の6連敗となった。先発の三浦大輔投手が6回4安打3失点と力投したが、救援陣がリードを守れず、8回に逆転されて4-5で敗戦。いまだ負けなしの“番長”の粘投を生かせず、2日のソフトバンク戦で勝利してから引き分けを挟んで6連敗となった。

 初回、DeNAはベテラン右腕に幸先良く1点をプレゼントする。1番・荒波が、楽天の先発・美馬からライトへ先頭打者弾を放った。

 しかし、三浦はその裏にいきなりピンチを迎える。2死から藤田に四球を与えると、盗塁を許して2死二塁。ここで後藤にレフトへタイムリーを浴び、同点とされた。さらに、続く中川にもセンターへのタイムリーを許し、逆転された。

 2、3回は両チーム共に無得点に終わったが、4回に試合が動く。DeNAは先頭の筒香がレフト前ヒット。続くロペスの三塁打への内野安打を放つと、楽天の西田の二塁への悪送球も絡み、無死二、三塁とチャンスが広がる。

 ここで、バルディリスがライトへ同点タイムリー。一、三塁となり、乙坂もライトへの逆転タイムリーで続き、試合をひっくり返した。

 5回には、荒波のライトへのツーベースに松井稼の悪送球が絡んで無死三塁とチャンスを作り、石川のショートゴロの間に1点を追加。2点差とした。

 三浦は4、5回を3者凡退の快投。しかし、6回には先頭の牧田をストレートの四球で歩かせる。藤田、後藤を打ち取って2死二塁とするが、中川にはレフトオーバーのタイムリーツーベースを浴び、1点を奪われた。続く伊志嶺は外角へのフォークで二ゴロに打ち取り、1点のリードは守った。

 三浦はここで球数が100球に達して降板。6回4安打3失点とゲームを作り、救援陣にマウンドを託した。

 7回は2番手エレラが3者凡退の快投。しかし、8回に3番手の田中がつかまる。先頭の松井稼にツーベースを浴び、牧田のバントで1死三塁とされる。ここで藤田にタイムリーを浴び、同点とされた。

 平田にスイッチしてからも流れが止まらず、2死満塁とされると、ペーニャの打席で痛恨の暴投。1点を勝ち越された。

 9回は楽天の守護神・松井に抑えられ、4-5で敗戦。泥沼の6連敗となった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中