野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 2ランの日ハム近藤は9回2死で負傷退場も、お立ち台に登場 「大丈夫です」

2ランの日ハム近藤は9回2死で負傷退場も、お立ち台に登場 「大丈夫です」

ヒーローインタビューでは最初に浦野が登場すると、続いて近藤の名前がコールされる。無事に歩いてお立ち台に向かう姿が見えると、場内からは大歓声が沸き起こった。

日本ハム

9回にフェンス激突で右膝を強打、「最後まで守れなかったのがちょっと残念」

 日本ハムは巨人に3-0で快勝し、カード勝ち越しを決めた。近藤健介捕手が2回に先制2ランを放つと、6回にはピンチでのクロスプレーで気迫のタッチを見せ、失点を阻止する大活躍。9回には、ファウルフライを追ってバックネット下のフェンスに激突するハッスルプレーで負傷退場したものの、ヒーローインタビューに登場して「大丈夫です」とアピールした。

 3点リードの9回、近藤は2死一、二塁のピンチで大田のファウルボールを追い、バックネット下のフェンスに激しく衝突。右膝を強打し、背負われてベンチ裏へと下がった。そのまま交代。日本ハムは増井が締めて3-0で勝利したものの、札幌ドームのファンは勝利を心から喜べないでいた。

 しかし、ヒーローインタビューでは最初に浦野が登場すると、続いて近藤の名前がコールされる。無事に歩いてお立ち台に向かう姿が見えると、場内からは大歓声が沸き起こった。

「最後まで守れなかったのがちょっと残念です」

 第一声では責任感を漂わせ、こう話した若き“正捕手”。体の状態について聞かれると「大丈夫です!」と力強く答え、再び大歓声を浴びた。

人気記事ランキング