野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島・菊池、サイクルかかった9回に大ファウル 「狙ってたけど幻でした」

広島・菊池、サイクルかかった9回に大ファウル 「狙ってたけど幻でした」

広島は今季最多の21安打と打線が爆発し、ソフトバンクに9-3で快勝した。菊池涼介内野手が4安打1打点2得点の大活躍。本塁打が出ればサイクルという状況で迎えた9回の最終打席には、「あわや」という大飛球を飛ばしたが、惜しくもファウルとなった。

4安打1打点2得点の大暴れ、9回は本塁打でサイクルだったが…

 広島は今季最多の21安打と打線が爆発し、ソフトバンクに9-3で快勝した。菊池涼介内野手が4安打1打点2得点の大活躍。本塁打が出ればサイクルという状況で迎えた9回の最終打席には、「あわや」という大飛球を飛ばしたが、惜しくもファウルとなった。

 まさに大暴れだった。初回、菊池は1死からライトへの三塁打を放つと、続くシアーホルツがレフトへ2ラン。菊池が先制のホームを生んだ。4回には二塁打、6回にもタイムリー二塁打を放つと、7回には右前打をマーク。チームは大量リードを奪い、菊池はホームランが出ればサイクルヒット達成という期待の中、最終回の打席に立った。

「狙ってたんですけど、最後切れちゃったんで、幻でした」

 試合後、菊池はヒーローインタビューでこう振り返った。9回無死走者なし。3ボール1ストライクからの5球目。一発を狙ってもいい状況で、スライダーを泳ぎながらもレフトへ運んだ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中