野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 驚異のスピード見せるイチローに“新語”登場 「これぞ、イチローイング」

驚異のスピード見せるイチローに“新語”登場 「これぞ、イチローイング」

レジェンドに地元メディアも脱帽。「イチローイング(イチローする)」という“新語”で、41歳のスピードスターを絶賛している。

四球で出塁&二盗、現地解説者「私はイチローイングと呼ぶことに決めました」

 マーリンズのイチロー外野手が13日(日本時間14日)の本拠地ロッキーズ戦で7回1死から代打で登場。9球粘って四球で出塁し、電光石火の二盗を決めると、捕手の送球が逸れる間に三塁を陥れた。そのレジェンドに地元メディアも脱帽。「イチローイング(イチローする)」という“新語”で、41歳のスピードスターを絶賛している。

 3点リードで迎えた7回、イチローが素晴らしいスピードを見せた。

 先発レートスの代打で登場。3ボール1ストライクから4球連続でファウルで粘った。マーリンズ・パークのイチローコールの大合唱の中、四球を選んで出塁すると、続くゴードンの打席で仕掛けた。

 中継ぎブラウンの初球にスタート。その場面を、現地で中継した地元テレビ局「FOXスポーツ・フロリダ」の実況は「(ゴードン)空振り。イチローは盗塁に成功です。送球はセンターに逸れます。イチローはサードに向かいます」とレポート。一気に三塁まで到達したイチローに、観衆は立ち上がり、拍手を送った。

 スタンディングオベーションの中、解説者のマーリンズOB、プレストン・ウィルソン元外野手は興奮気味に絶叫した。

「51番、どんなことを見せてくれるんだ! 私はイチローイング(ichiroing)と呼ぶことに決めました。それしかない。四球を選んで、盗塁する。これぞ、イチローイングですね」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中