野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ロッテが巨人を3タテ サヨナラ打の吉田「期待されていないと思って…」

ロッテが巨人を3タテ サヨナラ打の吉田「期待されていないと思って…」

ロッテは14日、今季初のサヨナラ勝利で、交流戦最後のカードとなる巨人戦を3連勝で飾った。勝利の立役者となったのは途中出場でマスクを被っていた2年目の伏兵・吉田だった。

日本ハム

1点差に迫るタイムリー二塁打の福浦「前の打席も1ボールからスライダーだった」

 ロッテは14日、巨人相手に3-2で今季初のサヨナラ勝利。交流戦最後のカードを3連勝で飾った。勝利の立役者となったのは途中出場でマスクを被っていた2年目の伏兵・吉田だった。

 巨人・高木勇、ロッテ・大嶺祐の投げ合いで始まったこの試合。先制したのは巨人だった。5回に先頭の井端が出塁すると、亀井がライト前へ先制タイムリー。なおも満塁からアンダーソンに押し出しの死球が与えられ、2点を先取する。

 ロッテ打線は高木勇の前に沈黙。5回から8回まではランナーを1人も出せず、試合は最終回へ。しかし、この土壇場でドラマが待っていた。

 先頭の鈴木のサードゴロをこの日3安打と活躍していた名手・井端がまさかのエラー。ここから流れが変わり、クルーズのヒットなどで1死一、二塁のチャンスでバッターは福浦。

「その前の打席も1ボールからスライダーだったので、スライダー来るんじゃないかなと思って、待っていました」

 その読みが当たった福浦の打球はセンターの頭上を越えるタイムリー二塁打。1点差に迫り、なおも1死二、三塁とチャンスが続くと、今江もその流れに乗った。

人気記事ランキング