野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

今季初勝利の和田毅を名将も絶賛 「素晴らしい。いつもこういう投球を」

カブスの和田毅投手が17日(日本時間18日)のインディアンス戦に先発し、7回4安打無失点、6奪三振2四球の快投で今季初勝利を挙げた。地元メディアは、登板6試合目で待望の1勝目を手にした日本人左腕について、「ドクターK」「この日の打線同様に重要」と絶賛。試合は17-0でカブスが圧勝している。

20150618_wada2

7回無失点で昨年8月24日以来の白星、地元メディアから「ドクターK」の異名も

 カブスの和田毅投手が17日(日本時間18日)のインディアンス戦に先発し、7回4安打無失点、6奪三振2四球の快投で今季初勝利を挙げた。地元メディアは、登板6試合目で待望の1勝目を手にした日本人左腕について、「ドクターK」「この日の打線同様に重要」と絶賛。試合は17-0でカブスが圧勝している。

 和田は初回にピンチを迎えた。2死一、二塁とされ、レイバーンにレフトへのヒットを浴びる。二塁走者のブラントリーは三塁を回ったが、レフトのコクランが完璧なバックホーム。ブラントリーを本塁で刺し、無失点で切り抜けた。

 さらに、直後の攻撃で味方打線が一挙6点を奪取。和田は勢いに乗った。

 2回は先頭打者のゴメスに粘られたが、9球目の81マイル(約130キロ)のチェンジアップで三振を奪うと、地元テレビ局「CSNシカゴ」の実況は「3つ目の三振です。ドクターK!」と伝えた。「ドクターK」は、メッツなどで活躍したドワイト・グッデン氏、ドジャーズなどで活躍した野茂英雄氏ら三振を量産するタイプの投手に使われる異名となっている。

 カブス打線は3回にも4点を加え、大量得点で援護。和田も二塁を踏ませない力投で応える。7回無失点のピッチングで、昨年8月24日のオリオールズ戦以来となる久々の勝利を飾った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中