野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 青木宣親は8戦ぶりマルチで勝利に貢献 ドジャースとの首位攻防第1R制す

青木宣親は8戦ぶりマルチで勝利に貢献 ドジャースとの首位攻防第1R制す

ジャイアンツの青木宣親外野手は19日(日本時間20日)、敵地でのドジャース戦に「1番・レフト」で先発出場し、5打数2安打1得点と活躍した。8試合ぶりのマルチヒットで、打率は3割1分7厘。ジャイアンツはドジャースとの首位攻防戦第1ラウンドを9-5で制し、ゲーム差を1・5に縮めた。

20150527_aoki

2安打1得点と活躍、ジャイアンツはポージーの満塁弾などで快勝

 ジャイアンツの青木宣親外野手は19日(日本時間20日)、敵地でのドジャース戦に「1番・レフト」で先発出場し、5打数2安打1得点と活躍した。8試合ぶりのマルチヒットで、打率は3割1分7厘。ジャイアンツはドジャースとの首位攻防戦第1ラウンドを9-5で制し、ゲーム差を1・5に縮めた。

 青木は初回、1ボール2ストライクからボルシンガーのカットボールを三塁に転がし、内野安打をマーク。しかし、続くパニクはダブルプレーに倒れた。

 1点を先制された直後の3回には、1死一塁で打席へ。今度はカーブを一二塁間に転がし、ライト前ヒット。2打席連続安打でチャンスを広げると、満塁となってから4番ポージーが満塁弾を放ち、ジャイアンツが逆転に成功した。

 第3打席は4-3となった5回。無死一塁で打席に立ったものの、一ゴロでダブルプレー。5-3の7回には先頭で左飛、9-3となった8回も先頭で中飛に倒れた。

 ジャイアンツは8回、9回に1点ずつを返されるも、9-5で勝利し2連勝。8試合ぶりのマルチヒットをマークした青木の活躍もあり、首位ドジャースに1・5ゲーム差に迫った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング