野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 史上空前の“混セ” 抜け出す球団はどこ?

史上空前の“混セ” 抜け出す球団はどこ?

セ・リーグが史上稀に見る大混戦となっている。この前代未聞の“混セ”を抜け出すチームはどこになるのか。

20150704_nakahata

史上初の全球団借金となったセ・リーグ、CS出場は「阪神、広島、ヤクルト」?

 セ・リーグが史上稀に見る大混戦となっている。2日にヤクルトが勝率5割で首位に浮上したが、3日は広島に敗戦。同じく勝率5割だった阪神もDeNAに敗れたため、史上初めて全6球団が借金生活となる異常事態となった。首位ヤクルトから5位広島までが0.5ゲーム差にひしめき合い、取り残されている最下位中日も首位とは4ゲーム差となっている。

 この前代未聞の“混セ”を抜け出すチームはどこになるのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野球解説者の野口寿浩氏は「クライマックスシリーズ(CS)に進むチームが阪神、広島、ヤクルトというのも、ある話になってきましたよね。ただ、決め手がないのは中日くらいで、どこにでもチャンスはある」と予想する。

 では、なぜ現状で中日だけが厳しいと見ているのか。

「上がり目がないと思う理由は、平田が打ててないですし、その上にピッチャーが厳しいので。ルナとエルナンデスはそこそこ打っていて、ナニータが上がってきて、ブレークしたドミニカ共和国出身の3人が揃いました。和田も森野も戻ってきたから、反撃態勢は整ったはずなんです。でも、戻ってきただけでチーム状態が上がってこないですよね」

 ここから巻き返すためのポジティブな要素が少ないという。

 さらに、野口氏は「DeNAが厳しくなってきた」とも言う。

「これからはいいピッチャーとも当たり始める。(相手の)表ローテがぶつかってくることが増えてくるはずです。そうなってくると、打線も(序盤戦と)同じように点は取れない。あとは、ピッチャーが頑張れるか。今年の感じを見ていると、久保も(いい投球が)続くような感じには見えないので、先発が本当に足りない」

 先発投手がゲームを作れなくなってくれば厳しい戦いとなるが、現状で計算できるピッチャーはいない。

 同じことは巨人にも言える。勝ちを計算できるはずの菅野が防御率1.93ながら6勝6敗と勝ち運に恵まれず、着実に勝ち星を積み重ねることが出来ていない。野口氏は「もしかしたら、巨人はこのまま落ちてしまう可能性もありますよね。今、マイコラスが頑張ってますから、何とかなってますけど」と分析する。

 菅野らに勝ち星がつかないのは、やはり打線に問題があるからだろう。

「阿部のバッティングは何かきっかけを掴めば、グッと上がっていく可能性はあると思います。それだけの実力、実績を持っている選手なので。ただ、長野は状態が上がってこないし、坂本も尻すぼみになってきてしまった。去年は橋本とか若い選手がカバーしたんですけど、それも駄目です。

 井端や(高橋)由伸に頼らなくてはいけなくなってくると、ちょっとしんどいですよね。アンダーソンも日本に来たばかりの時はよく打ちましたけど、どうやら研究されたかなという感じがしますからね。元々、器用な方ではないでしょうから、研究されると辛いですよね」

人気記事ランキング