野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 阪神が5割復帰で首位奪取 福留はDeNA戦ここ4試合で5本塁打

阪神が5割復帰で首位奪取 福留はDeNA戦ここ4試合で5本塁打

阪神は4日に行われたDeNA戦で7-6で勝利。福留が2本の本塁打で4打点と爆発すると、先発した2年目左腕・山本が5回2失点でプロ初勝利を挙げた。

阪神甲子園

山本がプロ初勝利、呉昇桓はまたも代打・後藤に一発浴びるもリード死守

 阪神は4日に行われたDeNA戦で7-6で勝利。福留が2本の本塁打で4打点と爆発すると、先発した2年目左腕・山本が5回2失点でプロ初勝利を挙げた。

 初回、阪神はDeNA先発の山口から上本が先頭打者ホームランを放ち1-0。今季初登板の山本に先制点をプレゼントする。

 4回には福留が対DeNAここ4試合で4本目となるソロホームランで2-0、さらに5回には鳥谷のライト前へのタイムリーが飛び出し3-0とし、DeNA山口をこの回限りで降板に追い込んだ。

 DeNA打線を無失点に抑えていた山本は5回、梶谷にライトフェンス直撃の2点タイムリーを浴び3-2と1点差に迫られ、山本はこの回限りで降板。試合は再び接戦の様相を呈した。

 しかし6回、DeNA2番手の小杉を攻め、代打・新井のレフト線への二塁打から、大和の四球を挟んで、2死一、三塁とすると、打席には福留。小杉の外角へのストレートをバックスクリーンへ叩き込む3ランで6-2と点差を広げた。

 粘りを見せるDeNAに、6回にマウンドに上がった松田が倉本にプロ初となる2ランを浴び6-4。さらに8回には福原がバルディリスに犠飛を打たれ6-5と迫られるも、9回にマートンのタイムリーで再び2点差とした。

 最終回は前夜に2点差を逆転される屈辱を喫した呉昇桓がまたも代打・後藤にソロ弾を浴び、1点差に迫られるも、リードを死守。連敗を「4」で止めた。

 この結果2年目左腕の山本にプロ初勝利が付き、チームは勝率5割復帰。試合のなかったヤクルトを交わし、再び首位に浮上した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中