野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • プロ初先発初勝利の阪神・山本 「4連敗より自分のピッチングに集中」

プロ初先発初勝利の阪神・山本 「4連敗より自分のピッチングに集中」

阪神の2年目・山本が4日のDeNA戦でプロ初登板し、5回2失点に抑えると、チームは7-6で勝利。プロ初勝利を手にした左腕はお立ち台で喜びをかみ締めた。

阪神甲子園

3回以外ピンチの連続「ボールは悪かったですけど、気持ちでがんばれた」

 阪神の2年目・山本が4日のDeNA戦でプロ初登板し、5回2失点に抑えると、チームは7-6で勝利。プロ初勝利を手にした左腕はお立ち台で喜びをかみ締めた。

 チームの4連敗を止める投球に「4連敗というよりも自分のピッチングに集中することだけ考えて投げました」と、試合前の心境を吐露。「序盤から野手の方が点数を取ってくれましたし、ボールは結構悪かったですけど、気持ちで何とかがんばれました」と、3回以外、得点圏にランナーを置きながらもしのいだ粘りのピッチングを振り返った。

 法大から王子を経て昨年入団した26歳。大学時代はDeNAで一足先にプロのマウンドを踏んだ加賀美、三嶋の控えに甘んじたが、社会人で花開き評価を上げた。

「次はしっかり投げるので、これからも応援よろしくお願いします!」と力強く宣言しお立ち台を去った山本。喜びを口にしながらも、納得のいく投球を心に誓っていた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング