野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島、黒田で借金返済ならず DeNA久保の前に打線沈黙、4連勝でストップ

広島、黒田で借金返済ならず DeNA久保の前に打線沈黙、4連勝でストップ

広島はDeNAに1-3で敗れ、借金返済はならなかった。先発の黒田博樹投手は、味方のまずい守備もあり6回6安打3失点(自責2)で4敗目(6勝)。打線もDeNAの先発・久保の好投の前に1点しか奪えず、完敗した。

広島カープ

黒田は味方の拙守もあり6回3失点で4敗目

 広島はDeNAに1-3で敗れ、借金返済はならなかった。先発の黒田博樹投手は、味方のまずい守備もあり6回6安打3失点(自責2)で4敗目(6勝)。打線もDeNAの先発・久保の好投の前に1点しか奪えず、完敗した。大黒柱・黒田の先発試合で星を五分に戻したかったが、連勝は4でストップし、借金2となった。 

 黒田は初回、1死から石川にセカンドへの内野安打を許す。続く梶谷にはレフト線へのツーベースを浴びた。中継プレーで本塁クロスプレーはアウトのタイミングだったが、石原がボールをこぼしてセーフ。さらに、続く筒香のレフトへの大飛球はエルドレッドのまずい守備で二塁打となり、2点目を失った。

 さらに1死二塁とピンチが続いてたが、続くロペスは遊ゴロ、バルディリスはサードゴロで3アウトとした。

 2回は先頭の倉本に内野安打を許しながら、黒羽根、久保、関根を抑えて無失点。3回も3者凡退と安定したピッチングを続ける。

 4回、1死からバルディリスにセンターへの二塁打を浴び、2死となってから黒羽根に敬遠気味の四球を与えて一、二塁。ピッチャーの久保には一塁後方へのヒットを浴びたが、二塁の菊池が本塁へ好返球。石原の好ブロックもあり、追加点を許さなかった。

 すると、広島打線はその裏に無死一塁から新井がレフト線を破るタイムリーツーベース。1点を返した。

 だが、黒田は5回もショート田中のエラーなどで1死一、三塁のピンチを招くと、筒香のセカンドゴロの間に1点を失い、再び2点差とされた。

 黒田は6回、バルディリス、倉本、黒羽根を3者凡退に抑えたところで球数が102球に達して降板。自身7勝目はならなかった。

 広島打線はその後も相手先発・久保の前に沈黙。9回はルーキーの守護神・山崎に無失点に抑えられ、連勝は4でストップして7月初黒星を喫した。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング