野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • トンネル抜けたイチローに同僚も拍手 「ベンチもイチのヒットを愛してる」

トンネル抜けたイチローに同僚も拍手 「ベンチもイチのヒットを愛してる」

マーリンズのイチロー外野手は8日(日本時間9日)、敵地でのレッドソックス戦に「9番・右翼」で先発し、35打席ぶりのヒットを放った。地元メディアは、キャリア最悪のスランプを抜け出したイチローのチーム内での人気の高さや、ようやく出た一本を喜ぶ同僚の姿についてレポートしている。

34打席無安打が続いたイチローに米メディア「ベンチの全員が応援」

 マーリンズのイチロー外野手は8日(日本時間9日)、敵地でのレッドソックス戦に「9番・右翼」で先発し、35打席ぶりのヒットを放った。地元メディアは、キャリア最悪のスランプを抜け出したイチローのチーム内での人気の高さや、ようやく出た一本を喜ぶ同僚の姿についてレポートしている。

 この日も3回の第1打席は相手先発ポーセロの前に見逃し三振に倒れたイチロー。これで、メジャー自己ワーストの連続打席無安打は「34」まで伸びた。しかし、味方の4連打で2-4と2点差に追い上げ、なおも1死一、二塁のチャンスで迎えた4回の第2打席で、待ちに待った瞬間が訪れる。

 イチローが打席に入ると、マイアミでテレビ中継をしている「FOXスポーツ・フロリダ」の解説者は「イチローには高めのボールばかりで攻めています。外角には投げません。すべてのボールが内角です」と相手バッテリーの狙いを分析。すると、実況はレジェンドのメジャー最悪のスランプが、同僚の心配事となっていることを明らかにした。

「イチローはクラブハウスとベンチでものすごく人気のある人間です。ベンチの全員が応援しています。この状況を打開して、ヒットを打つことを願っています」

 ここでイチローが1ボール1ストライクから92マイル(約148キロ)の高めの速球を叩く。ボールはフラフラと舞い上がり、左翼手、中堅手、遊撃手の間にポトリ。実況は「イチローは左中間に打球を送る。落ちる。ヒットです。イチローは揺らめく左中間への当たりによって連続無安打を29打数で止めました」と伝えた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中